★JDLの会計システムを昭和の時代から当事務所は永年にわたって駆使しています。JDL出納帳、JDL会計をサクサクと使用できるようにサポートします★


  ◎新規開業の事業計画書、創業融資の申込書の作成を
    手伝ってほしい。               

  ◎法人税の申告書だけ作成を依頼したい。 

  ◎不動産所得の申告を依頼しながら、相続税や贈与税の
    相談をぼちぼちしたい。
    


NPO法人、社会福祉法人会計もおまかせくだい。

   現在、保育園や介護サービス事業の経営をサポートしております。 


とにかく、ご連絡ください。ご相談、お問い合わせはお気軽に。敏速に対応します。
            

確定申告、顧問、経営、節税相談は小原一洋税理士事務所へ!

クライアントの漠然とした不満は税理士業務の特異性から発生します。
これらを解決するには、しっかりした会計事務所と契約することなのです!


税理士業務を他の士業と比べますと、弁護士業務は依頼者の相談、各種書面の作成は弁護士自身が行います。(ワープロ業務などを補助者が行います。)
会計士業務の会計監査は、もちろん会計士自身が行います。

それに比べて税理士業務は日常の伝票入力から、申告書の作成までのその業務のすべてを担当者という名の職員が行っている場合が多いのではないですか?決算書の打合せ、作成まで担当者任せ。

その結果、クライアントが税理士に会うのは3年から5年ごとの税務調査の時にお久しぶりですね??

場合によっては違法ですが調査の立ち会いも担当者任せなんてことも。日常のちょっとした相談もすべて担当者。顧問契約は誰としたのですか?

これらを解決するには、しっかりした会計事務所と契約することです。